Not Yet

Not YetのメンバーはAKB48の中でも人気を集めているアイドルばかりです。
大島優子、北原里英、横山由依、指原莉乃と言えば顔が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。
そんな有名どころのアイドルたちが集結したユニットだから人気が出ないわけありませんよね。
グループ名Not Yetは日本語で「まだまだ」という意味のようですが、それの納得です。
プロデューサーの秋元康氏が「これからまだまだ期待できるグループ」ということでNot Yetと名付けたみたいですよ。
ダンスにしても歌にしても可能性を秘めていることがグループ名から伝わってきますよね。

 

1988年10月17日生まれの大島優子はグループでは最年長のリーダー的な存在です。
もともとAKB48の中でもチームKを取りまとめているほどなので納得ですね。
人気急上昇中で第二回の総選挙の際には前田敦子を抜いて人気1位に輝きました。
女優魂も素晴らしいものです。
昨年12月まで放送されていたフジテレビの月9「恋愛できない女たち」で演じた姿はとてもアイドル歌手とは思えないほどでした。
1991年6月24日生まれの北原里英はAKB48の10枚目シングル「大声ダイヤモンド」で花咲きました。
歌唱力やダンスが素晴らしくMCとしても活躍しているので、これから楽しみなメンバーです。
AKB48ではチームBに所属しています。
1992年12月8日生まれの横山由依はもともと研修生としてコツコツと努力していました。
その努力が実って2010年には研修生の立場から表舞台に立つメンバーとして起用されるようになりました。
あまり人気がなかった頃には総選挙で40位そこそこだったのが、今では19位にランクインするほど人気を伸ばしてきました。
今となっては横山由依を知らない人の方が少ないのではないでしょうか。
1992年11月21日生まれの指原莉乃はバラエティーの要素満載です。
よくつっこまれているのを見かけますね。
彼女のブログ「さしこのくせに」やテレビ番組「さしこのくせに」は結構面白くてちょくちょく拝見しています。
さっしー、またはさしこと呼ばれてみんなから可愛がられています。

 

こうしてみると、一人ひとりが実力はのアイドルなのでダンスや歌、MCとしても期待できそうですね。
まだ今のところ3枚のシングルしか発売されていないのですが、これからどんどんヒット曲が生まれることでしょう。
「波乗りカキ氷」「や「ペラペラペラオ」などどちらかというと夏向きの曲が多くて、私も今年の夏はNot Yetの着うたを携帯に取り込んでみようかなと思っています。


このページの先頭へ戻る