ファンはどんな活動に課金したくなるのか?

最近は、ボカロなんかもあるし、DAW(音楽制作のソフト)でも、自動作曲とかコードを打ち込んだら、色々トラックを作ってくれるようなソフトがあって、とにかく楽曲は気軽に作れるけど、実際にそれでお金を稼ぐのは大変ですよね。

 

ギター一本で演っているアーティストなら、路上ライブでチャリンと入れてもらう方法があるし、対バンで細々とライブに参加していくのも良いでしょう。
ライブに参加して、グッズを売る人も多いですよね。クリアファイルとか、ミニタオルとかロゴを入れて作ってくれる業者も、インターネット上でたくさん見つけることができます。
ファンも、アーティストにガンバって欲しいから、CD以外のお金を落とすことも多いようです。かくいう、わたしもお気に入りのバンドにはお金を使う方です。あんまり使わないような、ケータイのストラップとか色々あります。

 

詰まるところは、楽曲のクオリティが問題なのですが、一度楽曲やアーティストが気に入ったら、曲以外のとこにもお金を払うようになるんじゃないでしょうか?

 

そんな活動の中に、もっと増えてきたら良いのにな。と思うのは、デジタルコンテンツとしての音源の販売です。
音源だけでなくても、ちょっとした写真集みたいのでも良いかもしれない。それも、パソコンでみるのよりも、ケータイで楽しめる程度でいいんです。

 

ドコモとかAUの、オフィシャルサイト、公式アプリを出すのは大変みたいだけど、なんか手軽にコンテンツを売る方法が無いですかね。


このページの先頭へ戻る